兵庫県三田市 神戸市北区 加東市、篠山市にて開講しているフラダンス教室
前編の続きです
いよいよカウアイ島に移動です。

カウアイ島のリフエ空港に到着~
KIMG1140 (150x200)

KIMG1141 (150x200)

空港からは数台のレンタカーで移動します。
クムの運転するレンタカーに、みんなが乗れるように配車されてました。
いきなりクムのレンタカーに乗ることに・・・
KIMG1142 (150x200)
出発待ちの間、ウクレレ弾きながら歌ってくれるという、サービス精神旺盛なクム
車の中でも、オリやフラの復習をしてくれたり、山や風景について説明してくれたりと、とても特別な時間を持てました

まず最初に向かったのは、ワイルア。
今日予定されているルートとは逆走する形でしたが、クムはどうしてもこのワイルアからスタートしたかったのだそう。
ワイルアにはヒキナアカラという神聖なヘイアウがあり、またかつて、この地にカヌーが出入りする拠点であった為、スタート地点として最適なのだと。

ワイルア川に通じています。
PA113281 (200x150)

ハラの木がたくさん茂った林がありました。その木陰で、クムが用意してくれたティーリーフをさいて、レイを作りました。
細くさかれた葉が風になびきます。過去を振り返り、邪念を風に流す、そして未来を見据えて、今を大事に生きることを思いながら作りなさいと教えてくれました。
PA113279 (200x150)

ナウパカの花が咲いていました。
火の女神ペレが恋人を引き裂き、山にさくナウパカと、ビーチに咲くナウパカとに分かれて咲くという神話にあるように、その花はどちらも半分ずつ。きれいに花が半分ですね
PB100007 (250x188)

海をながめたり、 
PA113285 (200x150)
ヘイアウに先ほど作ったレイをささげたりと、少しゆっくりとした時間を過ごしました。
PA113284 (200x150)

次は、アラートンガーデンに向かいます。
途中立ち寄った店に、エマラニフェスティバルのポスターが貼ってありました。
PB100009 (250x188)

店先でニワトリを発見。
カウアイ島の島中に野生化したニワトリがいるんです。
朝はうるさいくらい鳴いてたそう・・私はそのくらいでは目覚めませんが・・・
PB100012 (250x188)


アラートンガーデンに到着
エマ女王の別荘がありました。
エマラニ別荘3 (200x150)

息子のアルバート王子を4歳でなくし、夫(カメハメハ4世)も続いて亡くなった後、多くの時間をすごした場所で、
もともとは、丘の上に立っていたそうですが、プランテーションの開発の時に、ビーチのそばに移されたそうです。
そばには、とっても綺麗なビーチが広がっていました。
岡の上から見たビーチです。
PB100016 (250x188)

このビーチでフラが踊れるかも!と期待したのですが、踊ったのは芝生広場でした
でもキレイな芝生の上で踊るのも気持ちいい!ナニ・カウアイを踊りました。実際にカウアイ島の地に立って、カウアイ島の曲がおどれるなんて幸せです


私達が宿泊する、ワイメアプランテーションコテージへと向かいます。
すっかり夕暮れ。
車内から夕日が見えました。クムが、遠くにニーハウ島が見えるのだと、そして夕日がそこに沈むのだと教えてくれました。
PB100024 (250x188)
コテージに着いた時には、すっかり夜でした~
夕食は、クムのお母様とハラウの方が用意して下さった食事をみんなで頂きました

泊まったコテージはこんな感じ~
PA123319 (250x188)


1413062199506 (250x188)



10/11 いよいよエマラニフェスティバル当日です。
毎年10月にワイメアキャニオンのコケエ州立パークの大自然の中で開催される「クイーン・エマ」を追悼し、その名を後世に伝える為の祭典です。
疲れもあってか、ワイメアキャニオンのすごいカーブに車酔いしてしまいましたが、気合ですぐおさまり、会場の雰囲気でテンションアップです。

車内から撮ったワイメアキャニオンの景色。
コケエ州立公園は雨が多いそうで、時折小雨が降ってました。パフォーマンス後、さらに上がった山頂の展望台に行ったのですが、雨と霧に包まれていて、あまり景色が見れなかったのが残念でした。
PA123323 (250x188)

パーク(会場)の入口に看板が
KIMG1168 (188x250)

PA123335 (250x188)
次々とパフォーマンスが行われています。
テントのしたには、クイーンエマ役の女性が座っています。彼女に向かってパフォーマンスをするんです。
PA123333 (250x188)

馬もちゃんと待機しています。
山を旅することが好きなクイーンは、100人あまりのお伴を連れて、馬でいけるところまで行き、ワイアレアレの山頂を目指した。その時のことを祝っての祭典なので、馬が待機中。フェスの最後は、クイーンを演じる女性が馬にまたがり会場を後にするという設定でした。
PA123327 (250x188)


PA123332 (250x188)
演奏し、歌う、各ハラウのクムたち
PA123337 (250x188)

マリア先生は、子どもの頃から、毎年このエマラニフェスティバルに出場されているそうで、とても大事にされているとのこと。そんなフェスティバルにクムのハワイのハラウの生徒さん達と共に出演できたことに感謝します。

深夜まで復習したかいもあって、無事踊りきることができました。
タイトでハードなスケジュールだったこともあり、体調を崩される方も数名おられましたが、みんな揃って参加することができてよかったです。
クイーンがお伴の人たちと助け合って険しい道を山頂目指して進んだように、私達仲間が助け合い協力しあうことが何より大切だと、クムは強調されていました。
貴重な経験が出来ました。すごい達成感も味わいました。
またクムや、クムのお母様、ハラウの方、みんなの温かさに触れ、感動の連続でした。
クムの人柄、オーラ、温かさ、何があっても動じず、すべて把握しているかのような神がかったような雰囲気・・・素晴らしいと思いました。

山頂でレイをささげた後は、帰路へ。
コテージに帰宅後は、食事会です。またまた帰宅の頃はもう真っ暗です。
疲れもピークに達しかけていますが、翌朝は、朝の5時半出発
朝日が昇る前に、ケエビーチにてヒウバイの予定でしたが、、、途中休憩し過ぎて、車内から朝日が昇ってくるのが見えました
PA133353 (250x188)

ケエビーチに到着してみると、波が高くて遊泳禁止に・・・
クムと海に入って身体を清める儀式、絶対にしたかったのに残念、あきらめつかないでいると、足だけならオッケーとのこと。できるだけ、身体にも海水かけました
クムと泳ぎの堪能な数名だけ手をつないで沖までいきました。
PA133362 (250x188)

PA133358 (250x188)

ビーチで横たわる、ハワイアンモンクシールに遭遇しました
KIMG1192 (2) (188x250)


身体を清めた後は、すぐそばにあるラカヘイアウに向かいました。
けもの道を上って行くと、少し開けた場所、狭いですが海を見渡せる感じでフラマウントがあり。そばには石が積み重なるような感じで出来たヘイアウがありました。そこにはたくさんのレイがささげてあって、フラをする人達がたくさん訪れているんだな~と感じました。
観光客が足を踏み入れることができない、フラの神聖な場所なので、ヘイアウの写真は控えることにしました。
こちらは、ヘイアウの前のフラマウントから眺める海の景色です。
PA133356 (250x188)

ここで、円になって座り、1人1人ククイの葉をつなぎあわせて、1つのレイを作り、ヘイアウにささげました。
ククイの葉は光の象徴。みんなの輝かしい未来を願って

その後、ながーい瞑想の時間がありました。
それぞれ近くの岩の上に座り、海を眺めたりしながら、時折目を閉じて、瞑想し邪念を払拭しました。
普段の生活の中で、瞑想する時間はなかなか取れないし、ラカヘイアウという特別な場所で瞑想する時間が持てたことは嬉しい事でした。

瞑想の後は、エマラニフェスティバルで踊った曲を再度パフォーマンスしました。クリアな気持ちで踊れたような気がしました。

この後は、ハナレイで昼食です。
スケジュールが押していて、散策はできませんでしたが、とても綺麗な町でした。
KIMG1199 (250x188)

KIMG1197 (250x188)

ハナレイ近くのビーチ。きれいなので、車をとめて写真タイム
KIMG1206 (250x188)

KIMG1205 (250x188)

次はシダの洞窟に向かいます。
船にのって行った先に洞窟があるのですが、今は中には入れないそうです。
KIMG1214 (250x188)

KIMG1225 (250x188)

すべての行程が終了です。夕食はクムの提案で、一番広い部屋にみんなで集まろうと。
ちょっとしたパーティーのようになりました。
コーテージの外は芝生広場とビーチ。夕食の後、外に出て、満天の星空を眺めました。
その際、クムが神話を絡めて、後ろ、失敗を振り返らず、前を向いて進むことの大切さを説いてくれました。

最後に1人1人に、クムがフェスティバルのしおりとオリジナルTシャツとカウアイ島のカレンダーをプレゼントしてくれました。すべて終わって、クムのハグと温かい言葉で、とうとう号泣
鳴き過ぎて恥ずかしいくらいでした
クムが、みんなの心を動かす事が一番の目的だったと語った時、クムの目的は確実にかなってる!って感じました。
KIMG1238 (188x250)











平成26年10月に、カウアイ島で開催されるエマラニフェスティバルに出場して参りました。
その際のご報告・・・ブログがまめでない私・・・あれから既に半年が過ぎてしまいましたが・・・

最初の二日間はワイキキのスタジオでレッスンです。
ワイキキに到着後の半日だけフリータイム。お土産を購入して終わりといった感じでした。
昼食は、先生が以前食べてとっても美味しかったというアボガドバーガーを求めて、クアアイナへ。
これかしらと思われるものを注文しましたが、ちょっと違ったみたい。でも美味しかったです。
KIMG1065 (225x300)

KIMG1067 (225x300)

今回カウアイ島ではレンタカーでの移動になるため、荷物は1つのみとの事。あまりお買いものは出来ずです。
自分の物で唯一購入したのが、アイランドスリッパでサンダルとカゴバック
KIMG1085 (225x300)

だいたいハワイでの夕食は、ホテルのプールサイドバーで、カクテルとおつまみを食べながらフラのショーを見るといった感じです。
KIMG1126 (225x300)
KIMG1080 (2) (225x300)

もしくは、、、ホテルの部屋で弁当&ビールでさっさと済ませ、その日習った事の確認、復習に追われます

さあ8日いよいよレッスン開始です。
スタジオ風景~
KIMG1133 (250x188)

フェスティバルまでに覚えるのは、カヒコ2つ、入場のカイ、退場のホイと、オリの全部で5つ。
オリは、クムマリアのクムが作られたオリだそうで、オアフ島にいる私達から、カウアイ島への愛をという意味合いが込められているそうです。
エマ女王に捧げるフラカヒコのラストカヘアは「ヘイノアノ~ カレレオナーラニ」
カレレオナーラニというのは、天上の君の旅という意味で、息子の死後、その呼び名で呼ぶように求めたそう。
なので、エマ女王の別名です。

KIMG1237 (188x250)

マリア先生から頂いた資料・・・ファイルも、用紙もペンも全部マリア先生の好きな紫色です
二日間といっても、レイメイキングなどの時間もあり、ほんとに限られた時間でのレッスン。
ホテルに戻って深夜まで練習しました。
インサイドカホロフキが多く、何度も踊っているうちに、足がパンパン
オリも何度も口ずさみ覚えました。
ホイとカイの振りが似ているため、同時に練習していると、ちょっと頭が混乱、、、身体も頭も、ハードでしたが、短時間に一気に習得するという、いい体験が出来たし、自信もつきました。

こちらは、レッスン中にみんなで作ったポニーと、フェスティバル当日に捧げる為のお花です。
リボンにラフィアでお花を巻きつけていきます。
KIMG1138 (250x188) (2)


KIMG1139 (250x188)
衣装のパウはこのラフィアのカゴバッグに一人一人の分を入れて、クムが準備して下さいました。
みんな柄やカラーが違う小花柄の紐パウときなりのブラウスでした。
KIMG1169 (75x100)
私の衣装はこんな感じ~フェスの後、クムマリアと~
衣装はすべて、クムのお母様の手作りです。全員の分を作るのはとてもたいへんだったと思います。
一部間に合わず、カウアイ島へミシンを持って行かれてたとか・・。
当日衣装のチェックも入念で、衣装への愛着とこだわりを感じました。
ブラウスはクムのお母様より、一人ずつ手渡しで頂いたのですが、暖かい人柄と込められた思いを感じて感動して涙が出そうでした。
紐パウの紐はきなりの生地をさいて、思いを込めて自分たちで編みました。
衣装が完成し、振りも覚えた・・・後は、カウアイ島に移動して当日のエマラニフェスティバルにのぞみます。
~後編に続く~








今年も11月にハワイで開催される、ワイキキフラカンファレンス。
昨年は5月17~19日で開催され、行ってまいりましたこと・・・今頃の報告ですが

コンベンションセンター という綺麗な4階建のビルで開催されます。
シャトルバスも出ていますが、私は、City Busで毎朝3日間通いました。
3日間で6曲、さまざまなクムから習えるというのはカンファレンスならではです。
カーペット敷きの綺麗な広い部屋がたくさんあって、自分の受講した部屋に行ってそれぞれのレッスンが行われます。
ロビーには、フラショップも出ていて、ショッピングもできるし、昼食も購入出来るようになっています。
そこで、お昼をめいめいに食べたら、またレッスン。
わりとハードです。
一日3レッスンまでとれますが、私は朝が弱いので、2つ目のレッスンから参加して、1日に2クラスで3日間、
合計6曲のスケジュールでした。
いろんな国から来られてましたが、やっぱり日本人が圧倒的に多かったです。
他の参加者と交流できたり、刺激をもらったり、でもレッスン中はみんなノート書くのに必至。
しゃべってる暇はあまりないです。
いろいろなクムの、それぞれ個性が違うレッスンも受講してみて初めて分かるので、とても興味深いです。

クムとのレッスン後のツーショットを何枚か
ハードなレッスン後、髪も乱れて、疲れた顔、あまりアップではのせれません

1411913017220 (150x200)

一番上に写っているクムは、サリーヨーザ
一番楽しいレッスンでした
ウリウリという楽器を使って、ハワイノエカオイを踊ります。ナーパラパライの爽快なアップテンポの曲です。
楽しかったけどハード。最終日の最後のレッスンで疲れはマックス。
この振りが、とにかくターンが多いこと
クムが、私はターンが大好きなの!と言ってました。でも疲れも吹っ飛ぶ楽しさがありました。
クムのレッスン展開も軽快で、曲が流れると「ヒーハ!」と何度も叫んでて、盛り上がりました。
このクラスは人気が高く受講者多かったです。雑誌フラレアの取材も来てました。

左下は、コルセン イナ カネイ。ウクレレを弾いて、コナカイ・オープアを教えてくれました。声がやさしくて、いい声。
気持ちよく踊れました。

右下は、トワイラ メンデス。 イプを使ってパニニ・プアケアを習いました。女性のクムですが、とてもパワフルな感じ。勢いのある方でした。

こちらはホイケの時に撮った写真です。ホイケ開催場所は、ワイキキビーチウオークでした
建物の前に綺麗な芝生が広がっていて、ここで習った曲を披露します。ギャラリーも多く、ロケーションも良く、とても気持ち良かったです。
一緒に写っているのは、この時にレッスンで一緒になって知り合った方たち
PIC_0436 (500x281) (400x225)

クムのハラウの方も一緒に。この方が私達の担当で特に教えてくれた方です。(このホイケで発表したクラスはグループに分かれて習うという、少しかわったやり方でした。)
ホイケ終了後、ククイのレイと、ホイケに出たことに対する証書がもらえます。
PIC_0439 (500x281) (400x225)

3つ目のレッスンを受けてから、バスで帰って着替えて会場に向かうのにあまり時間がなくて、ほんとにバタバタして焦りましたが楽しかったです。練習する時間はほとんどなし。習った直後に人前で発表するのは初めての経験でした


こちらは、ティーリーフで編んだレイ。このレイを付けて参加しました。
KIMG0194 (188x250)
レイとクリップを付けて集合!と言われ、特にホイケ用にと準備をしていかなかった私。
ちょうど、ビショップミュージアムに行った時に作ったレイをホテルの冷蔵庫に保管していたので、それを身につけました。
やっぱり生はいい香りがして特別。ちょうどあってよかった~、買いに行く余裕はなかったので


最終日にクヒオビーチのフラマウンドでホイケやショーがあります。
写真はクーイポクムカヒのショーです。
KIMG0244 (263x350)

ハワイレッスンにて
ヴェヒノカウカのクム、マリア先生と
私にとって、とても貴重な一枚です
クムの傍に寄れた時の感激が思い出されます
P3150050 (500x375) (300x225)

レッスンを受けたハワイ大学内のスタジオにて
クムだけではなく、一緒にレッスンを受けた方達からも、刺激をもらいました
スタジオの風景を見ると、あの時の緊張感がよみがえります
休憩時間には和やかなひと時も
P3153139 (500x375) (300x225)

クムに1人1人、ベーシックをチェックして頂き、とてもいい経験が出来ました。

終了式を終えて昼食会のひとコマです
P3150052 (500x375) (300x225)


終了式では、クムが一人ひとりにレイをかけてくれました。
その時のレイ
ハワイでは、年功序列がきっちりされてて、レッスンで並ぶ順番もきっちり年齢順
レイも年上のかたは綺麗なお花のレイでした
私はここでは若い部類でしたので花はついてませんが、嬉しかったです
P3193186 (500x375) (250x188)





ラウハラ
ハワイの植物の続きで、ラウハラについて
撮影・・ビショップ博物館のガーデンにて~


KIMG0110 (300x400)
ハラの木
タコの木と言われている通り、根が幾つも地面に伸びていて、タコの足のようでした。

KIMG0116 (300x400)
写真の真ん中あたり、パイナップルのような実がついていました。

KIMG0117 (300x400)
落ちていた実の一部。手に取るとこんな感じ

KIMG0118 (300x400)
パイナップルのようなかたまりの、1つ1つはこんな感じ
先をほぐすと、ふさふさの筆先のようです。
実際に筆として、模様をつけたりするのに使われていたそうです。

KIMG0146 (300x400)
ラウハラ → ラウ(葉)ハラ つまりハラの葉っぱ。
ハラの葉とリボンを交互に編んで、ブレスレットを作りました。
片方はリボンなので、とても編みやすかったです。
ラウハラを加工してロールにしたものが、ハワイのクラフトショップに売ってました。
そのロールがあれば、かごや、マットが作れそうです。
加工したものではなく、実際に落ちているラウハラから作れたらもっと価値があるんでしょうけど

KIMG0690 (375x500) (300x400) (225x300)
アラモアナ近くの巨大スーパー「ウオールマート」で購入したラウハラ編みのカゴで~す


















.new {color:red; font-weight:bolder;}